message メッセージ

「安全・安心」な航空機の提供と次世代の整備士養成を担う 代表取締役社長 平尾清之

出発前の限られた時間の中で、確実かつ迅速な整備を行うライン整備は、航空機整備の最終工程といえます。当社は、ANAグループの中で航空機のライン整備を専門に担う会社として、ANA便が就航する全ての国内空港において、ANAグループが保有する全機種を対象に、出発前の最終点検や発生する不具合の修復等を担当しています。その責任を全うするために『作業安全・作業品質の確保が何よりも優先する』という価値観を全従業員が共通し、お客様へ「安全・安心」な機材をご提供するために日々絶え間ない努力を続けています。
航空機の状況を的確に把握するために、パイロットやキャビンアテンダント、グランドサービススタッフなど、多くのスタッフとコミュニケーションを図り、正確な「Trouble Shoot(不具合探究)」を実施しなくてはなりません。また、様々な不具合に臨機応変に対応し迅速な整備作業を行うためには、自ら考え、行動できるプロアクティブな整備士が求められます。これらの技量を兼ね備えた人づくり、とりわけANAグループで培ってきたナレッジ、航空機と向き合う整備士としての想いを、脈々と受け継ぎ次世代を担う整備士を育成していくことは私どもの役割と捉えています。
一人ひとりが自分に託されたミッションをしっかり行い、日進月歩で進化を続ける航空機とともに、一人ひとりが成長を続け、ANAグループの航空機を利用してくださる全てのお客様にご満足いただける「安全」で「安心」出来る機材を「定時」にご提供するために、全社一丸となって確かなパフォーマンスを発揮してまいります。

vision ビジョン

エアライングループのライン整備部門として、「世界トップクラスの付加価値創造を最前線でリードする企業を目指します。

mission ミッション

エアライングループのライン整備部門として、安全を基盤に、「安心・定時・快適なサービス」を「適正なコスト」で提供することで、世界トップクラスのお客様満足を創造します。

human resource 人財像

作業安全・作業品質最優先の価値観を基に、お客様の視点で、仲間と連携し、自ら考え実践する世界トップクラスの強いライン整備士であり続けます。

company 会社概要

会社情報

社名
ANA ラインメンテナンステクニクス株式会社
代表者名
代表取締役社長 平尾 清之
従業員数
1,633名(2019年4月1日)
資本金
1,000万円
株主
ANAホールディングス株式会社 100%
設立
2012年10月1日
事業内容
航空機の運航整備(B767,B777,B787,B737,A320,DHC-8-400 等)
所在地
〒144-8515 東京都大田区羽田空港3-3-2 羽田第1旅客ターミナル

access アクセス

Googleマップで見る

沿革 (1986年10月~2012年10月)

ANA テクノアビエーション株式会社 沿革

1985年10月
(株)愛航設立
2002年4月
エーエヌエーテクノアビエーション(株)に社名変更
2007年4月
大阪国際空港にて ANA 機ライン整備作業開始
2007年10月
ANA テクノアビエーション(株)に社名変更
2009年7月
関西国際空港にて ANA 機ライン整備作業開始
2011年7月
中部国際空港にて ANA 機ライン整備作業開始
2012年10月
ANA ラインメンテナンステクニクス(株)設立

ANA フライトラインテクニクス株式会社 沿革

2007年7月
ANA エアクラフトテクニクス(株)のライン部門を分社化し設立
2009年12月
沖縄にて ANA 機ライン整備作業開始
2012年2月
成田にて ANA 機ライン整備作業開始
2012年10月
ANA ラインメンテナンステクニクス(株)設立

組織図

conversation 取締役対談

整備士に求められるのは誠実さと何事にも挑戦する強い気持ち 取締役 廣瀬武司

ANAグループにおいては「安全が全て」です。お客様に、安全で安心してご利用いただける飛行機を提供し続けなければならない整備士は、何にも増して誠実でなければなりません。さらに、日進月歩の航空機と向き合う仕事ですので、技術者としての飽くなき探求心と新しいことに果敢に挑戦する強い心を持った人財が求められます。飛行機に対する興味は必要ですが、初めから飛行機に関する広い知識は必要ありません。専門的な知識やスキルは入社してから身に付けていただければ十分です。それよりも、「何事にも誠実に、チャレンジ精神を持って取り組んでいけるか」どうかが重要です。

ラグビーワールドカップ、
東京オリンピック・パラリンピックは
ANA品質を世界に知らしめるビッグチャンス

2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックは日本を舞台とするビッグイベント。この機会に、まだANAをご利用になったことのない海外のお客様にANA便にご搭乗いただく。そして「日本にはこんなに高品質なエアラインがあったのか」という気づきを得ていただき、海外でのANAのプレゼンスを更に高めていく。ANAグループにとってのビッグチャンスです。
特にラグビーワールドカップは日本各地で開催されるため、日本国内での移動でANAを利用していただく機会が増大します。海外からのお客様に「国内の移動がスムーズで快適、且つ時間も正確」という印象を持ち帰っていただくために、オペレーションに携わる全部門が全力を挙げて『ダントツの品質』づくりに取り組んでいます。お客様に安全で快適な航空機を提供する整備の最終工程を担う私たちANAラインメンテナンステクニクスは、より高品質な機材を提供することで、ANAグループの『ダントツの品質』づくりの基盤を支え続けています。

ANAグループの強みは、
チーム全体で安全・快適を提供できること

ANAグループの整備部門である「e.TEAM ANA」は、5つの部門で構成され、チーム全体で安全を確保し快適なフライトをお客様に提供しています。これがANAグループの強みです。ライン整備は、航空機を空へ送り出す最終工程であり、お客様に提供する直前の整備を担っています。飛行機を定時に出すためには、限られた時間の中で作業しなくてはなりませんが、お客様にとって定刻通りの安全なフライトはあたり前のことです。そのための基盤をしっかり作り上げることが我々の担う役割です。タイムテーブル通りに安全で快適な飛行機を提供するのは簡単なことではありませんが、そこがライン整備ならではの最高のやりがいにつながっていると思います。ぜひチャレンジしていただきたいと思います。

ページTOPへ