work flow chart 仕事の流れ

ANAブランドの確かな品質を守りチームワークで航空機を安全に送り出す

ANAラインメンテナンステクニクス株式会社は、ANA便が就航する全ての国内空港において、航空機の運航整備(ライン整備)を専門に行う企業です。航空機の整備は、一機種ごとに必要な国家資格を取得した一等航空整備士が行います。ANAブランドの品質を守る優秀な整備士の育成に取り組んでいます。

maintenance 運航整備作業

運航整備

到着した航空機を次の出発までの間に整備するのが運航整備です。パイロットからフライト情報を確認し、外部点検、機内点検を行い不具合が無いか丹念にチェック。運航を支える様々なスタッフとコミュニケーションを図りながら定められた点検と不具合修復を行い安全で快適な航空機を提供します。

1【到着】着陸したばかりの飛行機が駐機エリアに到着 2【シップ ステータス チェック】パイロットからフライト情報を確認
3【エクスターナル チェック】機体のチェックを行う外部点検では、グランドスタッフとのコミュニケーションも必要です
4【インターナル チェック】乗務員から機内の状況を確認し、コックピットや客室内のチェックを行います
5【シップ リリース】フライトログにサインをしてパイロットに引き渡し

夜間整備

最終便で到着した航空機を、翌朝の始発便までに点検整備するのが夜間整備です。夜間整備には、整備間隔が定められた定例整備と、不具合のある機体に対して修復を行う不具合修復があります。いずれも限られた時間の中で作業を行います。

定例整備

航空機は、飛行時間や着陸回数などに応じて点検•整備•内容が細かく定められています。機種ごとに膨大な項目があります。点検をして異常がないことを確認したり、定められた時間で部品を交換したりと様々です。

不具合修復

航空機の不具合は、そのすべてをマニュアルに照らし合わせて修復しなければなりません。パイロットや客室乗務員から不具合の情報を正確に入手して不具合箇所を特定。どのような処置が必要かを瞬時に判断し、チームワークを発揮して限られた時間内に修復作業を行います。

interview 整備士インタビュー

整備だけでなく、全体を見渡せる整備士でありたい 羽田整備部 森 将人 2008年4月入社 国際航空専門学校卒業

一般の人は触れることのできない、
航空機の世界へ

私は手を動かすことが好きでしたので、進路を考えたとき、機械を触る整備士になりたいと考えました。車の整備や他にも色々な機械がある中で、一般の人や趣味では絶対に触れない機械がいいと思って航空機を選びました。航空機整備の中でもライン整備の職場は空港ですから、すぐ近くでお客様がお待ちになっています。飛行機が駐機エリアから出るときも、手を振って出発のお見送りをします。自分たちの手で整備した飛行機が、お客様を乗せて飛んでいく。それを自分の目で見届けられるのですから、大変やりがいのある職場だと思います。

新人時代は、チームワークを身につける期間

この仕事に就いて最初に感じたことは、「奥が深すぎる」ということでした。身につけなくてはならない知識の幅が広すぎて、それを身につけるためには、どういう風に努力すればいいかを自分で考えるようになりました。新人の頃は、先輩について作業を行います。そこで先輩に対してどういう風に自分がアシストできるかを考えました。自分のスキル以外に、チームワークを身につけるための期間でもあったんだと思います。国家資格を取ればそれで一人前になれるという訳ではなく、もっともっと、多くの経験を積まなくてはなりません。先輩方の中には、匠というか、凄い整備士がたくさんいます。私はまだまだですが、先輩たちの仕事ぶりを見ていると、「何かいつもとちょっと違うなぁ」という観点から、不具合が見つかることもあるので驚きます。

ライン整備士は、全国各地の天候に敏感

自分たちが外で働いていることもありますが、天候に関しては常にアンテナを張っています。今いる羽田だけでなく、全国ベースで天候がどうなっているかを気にしています。例えば北海道では大雪になっているとか、沖縄には台風が来ているとか。天候によって発着の遅れが生じることもありますし、次の目的地の天候を考慮して対応を少し変えたり、状況に応じて作業の深度を変化させることもあります。

目標は全機種のライセンス取得

将来的には、ANAグループが保有する全機種のライセンスを確実に取得したいと思っています。また、ライン整備に必要なのは、技術や知識だけではないと考えています。ダイヤについての情報や、パイロットのオペレーションの仕方、キャビンアテンダントの業務内容など、整備士以外の情報を自分の中に構築したいと考えています。それはライン整備士として目の前の機体を見るだけではなく、大きな視点で全体を見渡すことができる整備士でありたいということです。飛行機は公共交通機関であるという思いが強くあります。お客様が飛行機に乗って、そこに関わる人たちも意識しながら、全体を俯瞰で見ることができる部門だと思います。

ページTOPへ